IDファーマについて

IDファーマについて

優れたベクター技術と開発力で、先端医療の進化と実現を加速します。

アイロムグループにおいて先端医療事業を推進するIDファーマは、ベクター開発・製造において世界トップクラスの技術を有し、バイオ業界で高い評価を得ています。特にIDファーマ独自の基盤技術であるセンダイウイルス(SeV)ベクターは、安全性と遺伝子導入効率に優れ、ベクターの世界標準になることが期待されています。さらにベクター開発で培った遺伝子導入技術力を活かしたシーズ育成にも努めています。

また、IDファーマは、GMP※に準拠したベクター製造施設・細胞培養加工施設(CPC)を保有しています。自社製品の開発に加え、臨床用ベクターや臨床試験に用いる治験製品の製造、ならびに特定細胞加工物の製造を受託しています。

優れた技術力と開発力、そして豊富な経験を活かした開発と製品やサービスの提供を通じて、先端医療の早期実用化に貢献していきます。

※ GMP:Good Manufacturing Practice 医薬品の安全性を確保するための製造管理および品質管理に関する基準

基盤技術,製品・サービス,開発・パイプライン

技術&事業概要

高発現、高感染効率、安全(ゲノムへのインテグレーションフリー)で除去可能等の特徴を持つセンダイウイルス(SeV)ベクターを基幹技術として以下の事業を行っています。

1 iPS細胞作製キットの試薬開発・製造・販売:研究用および臨床用CytoTune®-iPS
2 ライセンス事業:CytoTune®-iPSを用いたiPS細胞作製および分化細胞等の研究利用・商業利用に関するライセンスアウト
3 遺伝子治療製剤および遺伝子ワクチンの開発:虚血肢治療製剤や感染症ワクチン等
4 ベクター受託製造サービス:SeVベクターを始めとした各種ベクターのnon GMP/GMP製造
5 細胞培養・加工受託サービス(特定細胞加工物製造許可取得):特定細胞加工物の製造
6 治験国内管理人業務:国外治験依頼者が本邦での治験実施の際は、治験依頼者に代わり規制当局や医療機関に対する手続きを執行

主な製品&サービス

スワイプしてご覧頂けます→

主な製品&サービス名 概要
臨床用CytoTune®-iPS 臨床応用可能なiPS細胞作製を目的としたGMPグレードのiPS細胞作製キット
研究用CytoTune®-iPS SeVベクターに山中4因子を搭載した高効率で安全なiPS細胞作製キット
ベクター製造受託サービス 希望の遺伝子をSeVベクターに搭載し製造、GMPグレードにも対応可能
細胞培養・加工受託サービス 特定細胞加工物の開発・製造受託

最近の成果・実績

1 中国の導出先において、虚血肢治療製剤(開発コード:DVC1-0101)の第Ⅰ相臨床試験における1・2症例目の投与開始(2018年10月)
2 英国Elpis Biomed社とのiPS細胞作製技術に関するライセンス契約締結(2018年8月)
3 多能性幹細胞から褐色脂肪細胞を製造する技術の欧州における特許査定(2018年6月)
4 独Evotec社とのiPS細胞作製技術に関するライセンス契約締結(2018年5月)
5 中国盛世荣恩生物科技公司社とのiPS細胞作製技術に関するライセンス契約締結(2018年4月)
6 米国QurAlis社とのiPS細胞作製技術に関するライセンス契約締結(2018年2月)
7 米国Q-State社とのiPS細胞作製技術に関するライセンス契約締結(2018年1月)